チャートを磨くその2 目の粗い耐水ペーパーで磨く

磨きかけのチャート 石ころ磨き
磨きかけのチャート

チャートの地位向上と親子で遊べる石磨きを開発すべく、チャートを磨いています。

前回は砥石で荒削りまでしたので、今回はいよいよ耐水ペーパーをつかって磨いていきます。

パキッとした角が取れた印象
スポンサーリンク

目の粗い(数字の小さい)耐水ペーパーで磨いていく

砥石は#180前後の荒さでしたが、改めて#100の耐水ペーパーで磨いていくことにしました。

いくつか石を磨いてみた感想として、粗い目の時=基礎磨きをしっかりやらないと、どうも仕上がった時にムラが出てしまう気がしたからです。

耐水ペーパーは12cm四方ぐらいの大きさに切り使っていきます。

ペーパーを下に敷き石をこすりつけたり、石にペーパーをすりつけたりといろいろ工夫しながら磨いていきます。

とりあえず10分くらい磨いてみました。小さい石だとすぐ磨けるからいいですね!

#100の耐水ペーパーで磨く
#100の耐水ペーパーで磨く
180で削っていたので、あまり代わり映えしない

正直特に変化はありません。すこーーーし丸みが強くなった程度です。

#100の後は、#240で磨いてみました。

#240の耐水ペーパーで磨いてみた
#240で磨いた石
あまり変化はないと思われる

ぱっと見ただけではほとんど変化はありませんが、触った感触はすべすべ度が増している気がします。

#400・#500の耐水ペーパーでチャートを磨く

引き続き、#400・#500の耐水ペーパーで磨いていくことに。それぞれそんなに時間はかけませんが、磨き残しがないように注意しながら、丁寧に磨いていきます。

まずは#400で磨いた結果です。

#400の耐水ペーパーで磨いたチャート
おお、ちょっと光っておる!

少しだけですが、光の当たり具合で艶が出るようになりました。ちょっと嬉しいです!

気持ち透過しているのがわかってきた感じ

引き続き#500で磨いてみました。

また少し艶が出た印象です

また少し艶が強くなった気がします。

触り心地は完全ツルツルにもう一歩といった感じで、見た目以上に磨く前とは違ってきています。

#1000以上の耐水ペーパーで磨きをかける

#500の次は#1000で磨きます。いよいよ4桁に突入です。

#700とか800が手持ちの耐水ペーパー内になかったので結果#1000になりましたが、ちょっと飛ばし過ぎてしまったかな?とも思っていますが。

ともかく#1000・#1500・#2000と磨いていきました。

磨き途中のチャート
また一回り小さくなった印象
みる角度によってはだいぶ艶がでてきました。

つづきはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました