チャートを磨くその3 目の細かい紙やすりで仕上げる

石ころ磨き
#10000の耐水ペーパーで磨く
#2000まで磨いたチャート岩石

前回は#2000まで磨いていきました。

いよいよ#3000から#10000と目の細かい紙やすりを使って仕上げていきます。

ピカピカつるりとなりますでしょうか?

スポンサーリンク

#10000を目指して、ひたすら磨く

まずは#3000を使って、表面を満遍なく磨いていきます。

磨き残しの無いようにしながら、注意深く磨きます。

あと時間をかけすぎないようにも意識します。簡単にできるということをポイントにしたいのです。

#3000で磨いだチャート
#3000で磨いだチャート

次は#5000です。5000の耐水ペーパーを使うのは初めてなので、楽しみです。

かなり艶が出てきた#5000での磨き
かなり艶が出てきた#5000での磨き

見る角度によってはとても艶々してきました。10分くらいを目安に、次々磨いていきます。

#7000に入りました。のこりはこの7000と10000のみです。

#7000の耐水ペーパーで磨いた石
#7000 表面もつるりとした印象

#10000の耐水ペーパーで最後の仕上げ

いよいよ最後の仕上げ、#10000の耐水ペーパーで磨いていきます。最後はちょっと時間をかけて、丁寧に磨きました。

磨いた結果がこちらです!

#10000の耐水ペーパーで磨いたチャート
磨きあげました!
つるつる!

まあ、正直に申し上げまして、#5000からは本当に微妙な差しか出ていないとは思いますが、ともかく磨き切ったことはうれしいです。

磨く前と比べてみると、やっぱり艶々が全然違いますね!

耐水ペーパーで磨く前と磨いた後
左が前、右が磨いた後です

結局3時間くらいかかりましたが、慣れればもっと短くなると思います!

また別のチャート岩石を見つけて、チャレンジしたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました