珪化木に巡り会いたい 相模川でひろった珪化木らしき石

珪化木らしき石 石ころ考察
珪化木に巡り会うための第一歩
君は珪化木ですか?
君は珪化木ですか?

石拾いを趣味とするまでは珪化木という言葉を“これぽち”も聞いたことはありませんでした。しかし今では石拾いに行った時に必ず探してしまう石の一つ、それが「珪化木」です。

スポンサーリンク

珪化木とは木の化石

珪化木とは木の化石で、大昔の木が長い年月をかけて石化したものです。

少し詳しくいうと、地中にうもれた木にケイ酸を含む地下水が圧力で浸透?かな?、結果細胞レベルまで入り込み、二酸化ケイ素に変化して化石になったものです。

海外には珪化木たっぷり公園(たしかアリゾナだった気が)もあるみたいで、そこらかしこに珪化木が落ちているとのこと。ただし年間かなりの量が減っている(盗まれている)みたいです。

日本でも全国各地で見つけることができますが、海外と同じように乱獲が問題となりました。

特別天然記念物になっているところもありますので、珪化木探しの時は要注意です。

横から見た珪化木らしき石
ちょっと湿った木に見えなくもない

写真の石は相模川の川原で拾ったものですが、これが珪化木かどうかはなんとも言えません。

いつものようにネットの画像検索をかけると、似たような画像はたくさん見つけることができます。しかし、これまたいつもどおり独学素人経験不足なので、いまいち自信がもてないのです。

でもぱっと見は「木片そのもの」に思えるので、珪化木であってほしいと切に願っているのです。

錦珪化木は珪化木の一部がアゲート・ジャスパー化したもの

珪化木の中でも“ずんどこ”ケイ酸化がすすみ、一部分が瑪瑙や碧玉化したものを、「錦珪化木」といいます。

瑪瑙や碧玉化した部分は様々な色味になることが多いので、錦珪化木は観賞用としてとても人気があります。アクセサリーなどの加工品に使われることも多いです。

ペトリファイドウッド+ブレスレッドで検索してみてください。たくさんヒットしますよ。貴石としての価値もあるということですね。

あー!いつか大物の錦珪化木に巡り会いたい!

光をあてる透過していることがわかる

さて、先ほどの珪化木候補ですが、もちろん「錦珪化木」ではありません。願いや気持ちとは裏腹です。

しかし、ほんのちょっとだけ、碧玉化というか石英っぽい部分があるのです。プチ錦珪化木候補的な、ほんの一部分だけですが。

ほんの一部とはいえ、初めて光を当ててみた時は感動しました。

珪化木のお尻の部分
蛍みたいにお尻が光るよ
珪化木の可能性をグッと引き上げる光
光ったよ!

光を当てている瞬間は、一ミリもうたがっていません。珪化木であることに。

うぉぉぉぉー!信じてるよー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました