極小水晶クラスター発見 高麗川で拾った石ころの穴ぼこ探検

極小クラスター デジタル顕微鏡で石ころ探検
石ころ内の極小クラスター

クラスターとは群生という意味です。

鉱物系の読み物ではあまり目にしたことはありませんが、天然石系の読み物ではよく目にします。

水晶が群生している石などをクラスターと呼んでおり、天然石の世界では広範囲にパワーをほにゃららとのことです。詳しくはわかりません。

スポンサーリンク

高麗川でひろった4センチほどの石英系石ころ

高麗川で拾った石ころ
今回の主役 すでにちびりと光っている

今回は高麗川でひろったこの石の穴ぼこ洞窟を探検します。

この石は河原で見かけた時から、大発見につながる予感が満載の石でした。

肉眼でもかなりキラキラが確認できたからです。

キラキラしていた場所
ともかく色々なところがキラキラしていた

真ん中下方にある大洞窟をはじめとして、様々なところが日の光を浴びてキラキラしていました。

デジタル顕微鏡で一番大きな洞窟探検に出発

真ん中下側の大きな穴ぼこ洞窟から探検することにしました。ど本命です。

極小水晶クラスター 約0.5mm
大発見! 極小水晶クラスター約0.5mm

期待通りのお宝発見です!!いや期待以上です!!!

六角錐の部分がかけてしまっていますが、綺麗な柱状のミニマム水晶がたくさん沢山にょきにょきってます。

少し別の角度から

今回で4回目の石ころ洞窟探検ですが、お宝発見度合いは今までで一番です。

その他の穴ぼこに顕微鏡を移動してみる

ど本命の穴ぼこ洞窟ではクラスターをたっぷり堪能しましたので、別の穴ぼこに移動することにしました。

極小水晶の群生
隣の穴にも水晶もどきが!

隣の穴にも極小水晶を発見することができました。

高麗川で拾った石の極小クラスター
他の穴にもクラスターを発見
クラスターがあった名残でしょうか?

眼福です!いやーうれしいです。

今度は色付きの結晶群を持つ石を拾いたいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました