丹波川(たばがわ)〜竹林川(ちくもりがわ) 山梨での石拾い

人気のない丹波川 川での石拾い
ひっそりとながれる丹波川の川原
人気のない丹波川
人気のないしずかな流れでした

久慈川での瑪瑙探しの後、すっかり石拾いの魅力に取り憑かれた私は、そぞろまたもや石拾いに行きたくなりました。

そこで、娘の夏キャンプイベントの手伝いにかこつけ、山梨の川に石拾いに行くことに。もちろん娘の許可は取ってあります。

石に関しては全く知識がありませんでしたが、ともかくキャンプ場の側には丹波川(たばがわ・たんばがわ)が流れていることを調べ、現地で石拾いを決行することにしました。

スポンサーリンク

丹波川とは多摩川の源流の一つ

丹波川は多摩川のはるか上流にあたる川で、多摩川の源流の一つです。

キャンプ地に合流する前にまずは石拾いということで、早めに家を出発。曲がりくねった車道をはしり、キャンプ地側にある停車場をみつけ滑り込みました。

多分ここらへんです。

川に下る道をみつけて入りこむと、とても静かな、こけだらけの道が続いています。

あたりには人の気配は全くありません。時折車の走る音が遠くで聞こえるだけです。「ここで遭難したら、誰も助けてくれないな」などと思いながら進みました。

静かな山道
静か こけ 湿った空気 気配は自分だけ

しばらく進むと無事川原に到着。ここにも全く人の気配がありません。

石を拾いに来たのですが、なんだか別の意味で心が落ち着く、同時に川のせせらぎだけの少し不安を感じる空間に、ちょっとだけ浸ってしまいました。

おおう、誰一人いない

丹波川で拾った石たち

当時は写真をとるなんて発想は全くなく、ただひたすら石を見つめていたので、川原の様子の写真はほぼないのです。すみません。

覚えているのは花崗岩もしくは閃緑岩らしき、ごま塩おにぎり系の石が多かったということ。久慈川の瑪瑙・石英を拾ったあとだったので、ちょっとがっかりしたことも覚えています。

後から家で撮影した石たちを紹介しますね。

丹波川の小石
端っこに黒雲母みたいのがついとる
丹波川で拾った石
ここの白いへばりつきが面白かった
丹波川でひろったシマシマ石
当時は「珪化木か!?」なんて思って記憶が。。
石灰石かな?
断面がキラキラ光っている
ごま塩おにぎり岩
丹波川で拾ったごま塩握り

多摩川下流とはまた一味違う石たちがたくさんありました。

なかなか行く機会はないと思いますが、あの静寂の中で、また石拾いをたっぷり楽しみたいですね!

山梨県竹森川へ移動

丹波川での石拾いを楽しみ、夏キャンプイベントの手伝いも終え、再び石探しの旅に出ることにしました。

山を一つこえたところにある、竹森川にいくことに。

山梨は水晶の産出地で有名ですが、山梨県塩山市竹森は産出地の一つです。

かつての鉱山からこぼれおちた水晶が竹森川に落ちているのでは!?と期待して車で山を越えました。

結果は水晶は全く見つけられず。。川側にある公園に車をとめ小一時間探しましたが、当時は装備も知識もなく、見つけることはできませんでした。

そのかわり、きらきらと金色にひかる小さな小さな砂状の鉱物を発見しました。かなりの量です。

「砂金か!」と一瞬だけ思いましたが、もちろん砂金がこれだけ出てきたら、今頃立ち入り禁止になっています。砂金ではないとわかっていましたが、鉱物を発見できたのでとても嬉しかったです。

砂金みたいな金色の粒
手前右のほうに、少しだけ光る鉱物 わかるかな?
金色に光る小粒がある岩石
花崗岩の一種に何か内包しておる

黄金(偽)郷発見だぜー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました